事業案内

Mission

近年、自動車産業において注目を集める「排ガス」や「燃費」の問題。この解決に大きな役割を果たしているのが電子制御ユニット(ECU)です。株式会社ケーヒンエレクトロニクステクノロジーは、組み込み系ECU開発に特化する会社として2003年3月に設立。国内外の自動車に多種多様な部品とシステムを供給する親会社・株式会社ケーヒンからの依頼に高度な技術で応え、快適な自動車社会に貢献しています。

Work

4輪および2輪のエンジン制御・トランスミッション制御、4輪駆動制御などのECUソフトウェア開発を行っています。また、ソフトウェアのシミュレーションにより、高い品質を図るHILS(Hardware-In-the-Loop-Simulation)開発や、業務の効率化に向けたモデルベース開発も行っています。株式会社ケーヒン栃木開発センターや、京濱電子装置研究開発(上海)有限公司との連携を図り、常に高品質な製品を生み出しています。

Vision

今後、環境などへの配慮により、ますます期待が高まる電気自動車(EV)やハイブリッド自動車(HEV)をはじめとした次世代自動車技術開発が必要であり、それら一部のモーターやバッテリー制御などのソフトウェア開発は、社会的にも大変重要な役割です。こうしたトレンドをタイムリーに捉え、時代のニーズに最先端の技術と若い発想力をもって応えることで、これからの自動車業界、ひいては人類の未来に力を尽くしていきます。

ページ先頭へ